読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレミアムフライデー

昨日からプレミアムフライデーが始まったみたいですね。

 

そもそもプレミアムフライデーってなんだって話なんですが、

プレミアムフライデー」は政府が経団連などと連携して検討してきたもので、月末の金曜日に早めに仕事を切り上げ、夕方から買い物や飲食、旅行などを楽しんでもらうという消費喚起策。アメリカの「ブラックフライデー」にならい、デパートなどでセールを実施したり、特別な商品・サービスを提供することを想定しており、2017年2月24日からの実施を目指している。(中略)「企業が従業員に対して有給休暇の取得促進やフレックス制度の活動を促すことで、買い物や家族との外食、観光やボランティア、旅行など、豊かさや幸せにつながる充実感や満足感を得ることができる環境づくりにつながることを期待しています」(プレミアムフライデーとは? 月末金曜日は午後3時の退社を推進へ 「時給で働く人は...」様々な意見あがる

 

ということみたいです。

要は月末の金曜日くらい早く帰って買い物なり飲み会なりしようぜってことですね。

 

 

でもなんだか釈然としないものがあるなぁ。あるデータによると日本人の平均残業時間は47時間みたいなんです。もちろん企業や業種、職種、雇用形態だとかで違いはあると思うんですど、平均でこれだけ残業があるのに忙しい月末に定時前に退社って難しい気がする。(https://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_4#ranking1

 

 

そもそも定時で仕事が終わらないから残業しているわけで、そんな状況で定時前に退社しようものなら休日出勤や月曜の残業は必須でしょう。だから政府がすべきなのは

無理矢理画一的に退社(及び消費喚起)することを誘導するんじゃなくて、まず慢性的な残業体質を改善することな気がする。残業なしでちゃんと帰れるようになれば自然と買い物する余裕も出てくるのに(汗)

そもそも消費をするためには小売業やサービス業は仕事をしなきゃいけないわけだからそもそも「退社」することと「消費」することって少し矛盾があるんですよね…

 

最後にプレミアムフライデーについて面白いツイートがあったので紹介します。

 

結局、極一部の企業が実施するだけでだんだんプレミアムフライデー自体が忘れてられていく気がします。