読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来なんてない。あるのは今だけ。

僕は将来のことを全然考えて生きてない。


人生って色んな夢、目標、イベントがあって、みんなそれに向かって生きてる。例えば進学とか就職とか趣味でも何でもそうだと思う。


「将来のイメージ」っていうものががあってそれに向かって努力して日々を生きている。


それ自体はいいことだと思う。


「進学」という目標のために勉強を頑張る。

「就職」という目標のために勉強を頑張る。

「プロになる」ためにスポーツを頑張る。

何が目標かは人それぞれだけど、でもみんなそれに向かって生きてる。


でもさ、それって今を生きてなくない?


将来の夢や目標がなかった時は嬉しいですよね。目標に到達することでなりたかった自分になる。


でも、その途中の時点では楽しくはないよね。苦労して勉強、苦労して就活とか…。


ただ、苦労しても目指してた目標や夢には届かないことだって多い。


だからある意味将来の夢って残酷だよね。見せるだけ夢を見せて裏切ることも多い。もちろん夢向かって行かないとそもそも叶わないけどね。


そして、叶ったあとはまた新しい夢や目標が生まれる。繰り返しってことになる。


そうすると人生でいくつかのイベントをクリアした時だけが幸福で、それに向かっている時間、人生の大部分は楽しくないってことになる気がする。


でも人間っていつ死ぬかわからないよね。


来年はこうなっていたい。

5年後はこうなっていたい。

10年後はこうなっていたい。


自分の未来を想像してもその前に不意に死んでしまうかもしれない。


今日事故にあって、病気で、自殺で、殺人で…色々な理由があると思うけど、死んでしまった人。中には何年か後の自分を夢見てた人もいたはず。


いつ死ぬかわからなくて、未来なんて訪れるかわからない。だから将来の夢を追うのも大事だけど、今を満足できるように生きてないと、死ぬ時後悔する気がする。


僕には将来なんてない。

いつだって今しかない。

僕はそういう人間。