読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若さは正義

人生の苦しさって子供の時より大人の方が断然しんどい。


毎日毎日人生が楽しくない、苦しいという人はそれなりにいると思う。僕自身もあんまり人生が楽しくだなんて思って生きてこなかった。学校も会社も生まれてから今日までずっと嫌い。


僕は幼稚園の時から学校嫌い。特に小学校。本当に根っから苦手で毎日が最悪な学校生活だった。とにかく休日だけが自分の救いになっていた。友達もいなかった。


そして大人になった今も毎日満たされない日々を送ってる。子供の時と同じように休日だけを考えて生きている。


で、思ったのが子供の時から変わらず同じような満たされない日々を過ごしているにもかかわらず、子供の時より大人の方が精神的ダメージが大きい。


自分や周りの環境に対する不安、焦燥、怒り、不満、などの感じることは子供の時と今とではあんまり変わってないはずなのに。


多分それって、年を取った分だけ可能性が減るからだと思う。子供の時は学校が嫌いでも必ず卒業は来る。最低な生活から抜け出す日が最初から決まっている。


だからとりあえず卒業までの我慢だって自分に言い聞かせて生活できる。


本当に嫌だったら学校を辞めることだって出来るし、他の学校に転校や再入学だって出来る。


学校は必ず数年で終わりが来るし、自分で終わらせることも出来るし、その後の再スタートも選択肢が豊富にある。


つまり若い時っていうのは「人生の逃げ場」が豊富だとも言える。


でも年を取るほど再スタートって難しくなる。

嫌だったから会社辞めました。っていう人を世間はなかなか受け入れない。会社辞める理由なんて大抵が職場の人間・仕事が嫌いで耐えられなくなったからのはず。


大人になって、年を取れば取るほど「人生の逃げ場」がなくなっていく。


高校生の時、通学電車のリーマン達が冴えない、つまらない、辛そうな顔で毎朝同じ車両に乗ってた理由が今わかった。